姿勢を正せばお腹は凹む

姿勢を正せばお腹は凹む

こんにちは!

みなさん年齢を重ねるごとに脂肪がついてきてイヤになってしまいますよね。
特にお腹周りがポッコリとしてしまうのは男女問わず気になりますよね?

しかしそのポッコリお腹は脂肪以外にも原因があるかもしれません!
それは姿勢の乱れからきているかもしれません。

今回はそんな姿勢とポッコリお腹についてご紹介します!

なぜポッコリお腹になるのか

お腹が出てしまうのにはいくつか理由があります。

・脂肪がついている
・内臓の位置が正しくない
・お腹が出るような姿勢になっている
などが考えられます!

1つ目の脂肪については、脂肪を減らすということが必要になるので、食事療法や有酸素運動が効果的になってきます。
お腹周りはどうしても脂肪が溜まりやすい部位なので脂肪を減らすという点においては長期スパンで継続的に取り組む必要があります。
特に女性の方はお腹周りはどうしても守らなければいけないように出来ているので脂肪がつきやすかったり、生理周期などによって変化の幅も大きくなります。

では2つ目と3つ目についてですが、ここが姿勢によって改善が見込めるところです!

姿勢を正すとお腹はへこむ

姿勢によってなぜお腹がポッコリ出てしますうのか。

悪い姿勢の例としては骨盤が後ろに倒れている(椅子に浅く座って背もたれにもたれているような状態)と前に倒れている(反り腰)の2パターンに分かれます。
このどちらもがお腹がポッコリして見えてしまいます。

骨盤が後ろに倒れているパターン

骨盤が後ろに倒れて姿勢が悪くなるパターンをスウェイバックと言います。
これはお腹を突き出すようになりポッコリに見えます。
このパターンはお尻も垂れ下がって見えてしまいます。

骨盤が後ろに倒れているパターン

骨盤が前に倒れているパターン

こちらは反り腰になるような姿勢のパターンです。
こちらは特にお腹の力も抜けており、腰痛持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

骨盤が前に倒れているパターン
骨盤が前に倒れているパターン

どちらの写真も左がビフォーです。
腰が反ることによって必然的にお腹を突き出すような姿勢になってしまいます。

女性の方に多いのですが腰を反らすことでヒップアップに見せかけようとする方がたくさんいますが、このようにお腹がポッコリして見えてしまいます。
また腰痛にもなりかねないです。
ちなみにこの状態はお尻に力は入らない状態なので結果的にお尻の筋肉は落ちていくでしょう。

この2パターンの姿勢の乱れについてまず見た目としてお腹がポッコリ出て見えてしまうのはわかったと思います。
この姿勢は見た目だけでなく体内も乱れています。どういうことかというと、内臓の位置も正しくないところに持っていかれているのです。

どのように姿勢を正せばいいのか

姿勢の乱れによってポッコリお腹に見えてしまう、そして内臓の位置も落ちてきてしまいポッコリが定着してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

ではどのようにして姿勢を正してあげればいいのか。

ポイントとしては骨盤の位置を正しくしてあげます。これは筋肉のバランスが重要になります。
柔軟性が必要なだけでなく、その姿勢をキープするための筋力が必要になります。

では正しい姿勢の簡単なチェック方法をご紹介します!

壁にペッタリともたれます。かかと、ふくらはぎ、お尻、背中、後頭部がつくように壁に着けた時に腰の隙間がどれくらい空いているかです。
理想は手のひら1枚分くらいです。
これがもっと隙間がある場合は反り腰の可能性があります。逆に隙間が全くない場合は骨盤は後ろに倒れている可能性があります。

まとめ

ポッコリお腹が気になる方はまずは姿勢のチェックをしてみましょう!
脂肪がついているのであれば減らす必要がありますが、姿勢の乱れによってポッコリになっている方もたくさんいらっしゃいます。

まずは壁にもたれかかって姿勢のチェックをしてみましょう!
正しい姿勢に持っていこうとすると窮屈で疲れる感じがするかもしれません。これが普段正しい姿勢を維持するために必要な使えていない筋肉に刺激が入っている証拠です。

姿勢のチェックや正す方法、もしくはそれによって腰痛や肩こりが出てしまっている方も、気になることがあればお問い合わせ下さい!!


現在ARROWsでは、初回体験60分¥3,000のところ、¥2,000で行なっています!!
(2019年10月末まで)

大阪江坂のプライベートパーソナルトレーニングジム
ARROWs
西川朋希

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です