スクワットで身体は変わる!

スクワットで身体は変わる!

こんにちは!

みなさんトレーニングといえばどんなことをされますか?
散歩やジョギングからスポーツをしたり筋トレをしたりジムのプログラムに参加したりヨガやピラティス・・・
いろいろなことができますよね!

でも実際何から始めたらいいのか、ジムに入会したけど筋トレってなにをすればいいのか分りませんよね。

そんな人にオススメなのがスクワットです!
筋トレ初心者でもスクワットが完璧にできればほぼOKです!

今回はそんなスクワットの奥深さと素晴らしさについてご紹介します!

スクワットとは

まずスクワットとはなんなのか。
昔から体育の時間の罰ゲームなどでやらされたと思うスクワット。

直訳すると「しゃがむ」という意味でその通りしゃがむエクササイズです。
スクワットによってメインとしては下半身の強化を図ることができます。

最近ではスクワットも様々な種類が出てきました。
ワイドスクワット、フロントスクワット、ゴブレットスクワット、シングルスクワット、さらに派生してランジ、ブルガリアンスクワット、サイドスクワットなどなど。

それぞれに長所があり適切に判断してチョイスすれば全て最高のトレーニングです!
その他様々なエクササイズはインスタグラムでも紹介しています!

スクワットのメリット

ではなぜそのスクワットがいいのか。
理由はたくさんあります!

・下半身を鍛えることができる
・実は体幹や全身を鍛えることができる
・代謝アップ
・血行促進
・消費カロリーアップ
・姿勢改善
・腰痛改善
・肩こり改善
・膝痛改善
・ダイエット効果
など!

まずはなんといっても下半身を鍛えることはとても大切
なぜなら下半身が身体を支えているからであって、下半身が使えなければ歩くことすらできません。
そして下半身の筋肉は全体の約7割を占めています。
それだけの量の筋肉を鍛えるといことは消費カロリーも大きくなります
さらにたくさんの筋肉を鍛えることで基礎代謝がアップします。
結果的に血流が良くなったりダイエットに繋がったりといいことづくしです!
これが腹筋を割りたければ腹筋運動よりもスクワットをした方がいいと言われる所以です。

腰痛や肩こり、膝痛の改善とありますが、これに関しては正しいスクワットができればです。
スクワットの姿勢はとても難しいので正しいスクワットの方法を身につけることを最優先に取り組んでください!

スクワットのやり方

正しいスクワット

では正しいスクワットとはどのように行うのか。

・足は肩幅ぐらいに開きつま先は少し外に向けます。
・背筋が丸まらないように視線を前に向けたまま重心をまっすぐ下に落としていきしゃがみます。
・できれば太ももが床と平行になるくらいまで下げて、また立ち上がります。
これの繰り返しです!

まずは重りも持たずに10回3〜5セットを目標に取り組んでみましょう!
慣れてくれば回数を増やしたり、なにか重りを持って行うのもOK!

<注意点>
・膝が前に出過ぎない
・お尻を後ろに突き出しすぎて背中が丸まらないように
・前から見て膝が内側に入らないように
・腰が反りすぎないように

間違ったスクワット
間違ったスクワット

まとめ

スクワットはメリットがたくさんあるキングオブエクササイズです!
スクワットを続けるだけでもなかなかキツイでしょうし、その分効果もありますよ!

ただし正しいスクワットの姿勢を身につけないと怪我にも繋がりかねない実は難しいエクササイズです。
注意点には十分気をつけて、できれば鏡のあるところや誰かに見てもらうなどして行いましょう

ぜひチャレンジしてみてください!!

大阪江坂のプライベートパーソナルトレーニングジム
ARROWs
西川朋希

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です